講師の先生からの教室紹介

 井手淑子(いで よしこ)先生 (初級クラス 水曜日 午後)

【自己紹介と抱負】
  外国語を知ることは世界が広がることになると思います。私はまだ多くの人が英米の言語を学ぼうとした頃に中国語を選択し、ネイティブの講師は極めてまれな状況でした。歴史やシルクロードに憧れて選んだ中国語ですが、その後自分で歴史を学び、特に日本と中国の間の、長い文化交流と不幸な侵略の事実を学び大変有意義だったと思っています。
  今、かつてとは比べものにならないほど、多くの人が行き来し、街中で中国語が聞かれるようになり、日々、学ぶ意欲が高められています。
  ぜひ多くの皆さんに中国語を通して、実際の交流を楽しんで欲しいと思います。

【シラバス】 
 言葉は人との交流から生まれてきました。コロナ禍で、私たちは人との交流の大切さを思い知らされました。外国語を学ぶことは、その国の人々との交流であり、文化を知り、学ぶ楽しさを味わいながら、身に着けていきたいものです。
  〇基本的な発音を身につける。いつしか自己流になるのに気をつけたいものです。
  〇毎日の身近な生活の場面で使えるようにしていく。
  〇中国語の背景となる中国の歴史、文化、社会に関連した題材資料も学んでいきたい。                       
【テキスト】
(書名)『小学 語文閲読訓練 120篇 1年級』(華東理工大学出版社)
   現在の中国の小学1年生に向けて書かれた、短編を読みながら、言葉や文章を理解し、共感し、考えることができる内容です。楽しく学べます。
 

<中国語教室のページに戻る>


<HOMEに戻る>