講師の先生からの教室紹介

 斎藤 敏康(さいとう としやす)先生 (入門クラス 金曜日 午前)

 静岡大学、立命館大学などで中国語講師を務めてきました。現在は立命館大学特任教授。専門は中華民国時代のモダニズム文学。
 「仕事」としての中国語から解放されて、受講生の皆さんと楽しみながら中国語と戯れたい、そんな気分で和気藹々とやっています。

担当は【入門②クラス】(金曜 10:00~12:00)。

一年35回を大きく3ステージに分けて考えています。
 第1ステージ(4月~7月):発音を丁寧に勉強します。身近なフレーズを覚えましょう。
 第2ステージ(9月~12月):基本文型を学びます。5語以内のセンテンス(五語文)でいろいろ表現できます。
 第3ステージ(1月~3月or夏期):5語文の中国語を中国旅行で応用。
 まったく初めての人にも、リピーターの人にもそれぞれ適切に対応します。
 ゆくゆくは受講生の皆さんと中国語圏の小説などを翻訳したい。また府連を舞台にした日中文化交流もすすめたいと思います。

≪テキスト≫(書名)『中日桥汉语 中国語―日中の架け橋(初級上)』
(著者)趙延風、吉田慶子、陳敏、張恒悦、岡田英樹
(出版社)北京大学出版社、2012年  (価格)¥2000+税
 

<中国語教室のページに戻る>


<HOMEに戻る>