平和を願う
 「日中不再戦碑」碑前集会  

 「日中不再戦碑」とは、日本と中国の全面戦争の発端となった盧溝橋事件(1937年7月7日)30周年の1968年、京都府民の平和の願いによって建立されました。「日本と中国は再び戦わない」という決意を示す碑です。

 また、このたび、この不再戦碑の建立趣旨を記した銘板の再建を計画したところ、多くの京都府民・市民の皆様からご協力をいただき、実現しました。7月7日の記念集会にはそのお披露目も致します。

 ベトナム戦争激化の中、日中不再戦、アジアの平和確立の誓いを内外に明らかにするため、この碑を建立した往時を振り返り、憲法9条改悪を許さない現在の活動を力強く進めてゆこうではありませんか。


■日時:2019年7月7日(日) 11:00〜11:45

■会場:日中不再戦碑前
      (嵐山中ノ島公園)

■終了後、懇親会をおこないます。(12:00〜14:30):参加費3,500円

■主催:日本中国友好協会京都府連合会
 

連絡・申し込みは、
  日中友好協会京都府連 連絡先:075−256−2764 または info@nichukyoto.gr.jp


<HOMEに戻る>